WORLD POTATO DISHES

フランス アッシェ・パルマンテイエ

いかがですか?

いかがですか?

ポテトはフランスでは主食のようなもの。いろいろなポテト料理がありますが、どの家庭でも作るママの味「アッシェ・パルマンテイエ」をご紹介します。肉の切れ端を叩き、香味野菜やきのこなどと炒めたものと、マッシュしたポテトを重ねてオーブンで焼いたメニューです。今回は、トマト風味にしてより食べやすく仕上げました。

料理名の「アッシェ」とは、細かく刻むという意味で、フランスでは身近な牛肉や香味野菜を細かくして調理しています。

「パルマンテイエ」は、フランスの農学者の名前。食用のポテトを広めた人の名前だそうです。

この名前からもわかるように、誰もが簡単に作りやすく、そして子供から大人まで食べやすい味わいの「アッシェ・パルマンテイエ」。フランスの国民的人気メニューです。

ひとくちメモ
ポテトはマッシュにするので、男爵系がホクホクとしておすすめです。今回は牛ひき肉を使用していますが、豚ひき肉を使うとさっぱりとした味わいになります。

レシピ

材料/2人分
ポテト:大4個
牛ひき肉:180g
玉ねぎ:1/2個(みじん切り)
セロリ:1/2本(みじん切り)
にんにく:1かけ(みじん切り)
オリーブオイル:大さじ1
パルメザンチーズ:大さじ1
生クリーム:100ml
塩:小さじ1/2
コショウ:少々
ナツメグ:少々
トマトピューレ:150ml
水:50ml
ピザ用チーズ:60g

作り方
1. 鍋ににんにくとオリーブオイルを入れ、弱火にかけます。香りが出てきたら、牛ひき肉、塩、コショウ、ナツメグを加え、強火で炒めます。牛ひき肉の色が変わったら、中火にかえ、玉ねぎとセロリを加えて、しんなりとするまで炒めます。
2. 1に、トマトピューレと水を加え、中火で半量になるまで煮詰めます。
3. 別の鍋に皮をむいたポテトとかぶるくらいの水を入れ、塩少々(分量外)を加えて中火にかけ、竹串がスッと入る程度までゆでます。ゆで上がったら、鍋のお湯を捨て、木べらでじゃがいもをつぶします。ゴロゴロ感が残る程度つぶしたら、生クリーム、パルメザンチーズ、こしょうを加えて混ぜ合わせます。
4. 耐熱皿に、3の1/2分量を平らに入れて、その上に2のソースをすべてかけます。さらに、残りの3を入れて、上からピザ用チーズをのせ、200℃のオーブンで表面がこんがりとするまで15分ほど焼きます。

島田まき
料理研究家。フランス料理店オーナーシェフの夫と3人の子どもたちへの家庭料理をはじめ、様々なジャンルのメニュー開発を得意とする。ワインと食のつながりについても造詣が深い。NHK「みんなのきょうの料理」をはじめ、テレビ、雑誌など多く出演。

おいしそうな世界のポテト料理、
まだまだありますよ。

More Potato Dishes