WORLD POTATO DISHES

フランス ポーム・ドゥ・テール・サン・フロランタン(ハム入りポテトコロッケ)

いかがですか?

いかがですか?

欧州の最大の農業国フランスでは、ポテトが主食。フランス人に聞いてみると、「パンを食べない日はあっても、ポテトを口にしない日はない」とも言われ、国民一人当たり年間約55kg*1のポテトを食べます。これは日本人の2倍以上です。フランスで愛されてきた伝統的なポテト料理のひとつ「ポーム・ドゥ・テール・サン・フロランタン*2」を、横浜ロイヤルパークホテルの総料理長である髙橋 明シェフにご紹介いただきました。

「ポーム・ドゥ・テール・サン・フロランタン」は、日本のポテトコロッケの原型と言われる料理です。「ポーム・ドゥ・テール(大地のりんご)」はフランス語でポテトのこと。「天使の髪」とも呼ばれる極細パスタのヴェルミッセルを細かく割り砕いて、パン粉と混ぜて衣に使用するので、油で揚げると、このヴェルミッセルがパリパリになって、クリスピーな食感が楽しめます。また、髙橋シェフによれば、肉料理の付け合わせに、シンプルなマッシュポテトやベイクドポテトではなく、手間をかけ丁寧に作った「ポーム・ドゥ・テール・サン・フロランタン」のようなポテト料理を添えるのはホテルのレストランならではだそう。

*1 参照元:HelgiLibrary
*2 サン・フロランタンはブルゴーニュ地方Yonne(ヨンヌ)県の町

ひとくちメモ
マッシュして乾燥させた状態で販売されているスタンダードポテトフレークを使うと、手軽に作れ、生鮮のポテトを使うより、軽やかな食感になります。上手に作るポイントは、ヴェルミッセルをしっかり細かく折ること。

レシピ

材料
米国産スタンダードポテトフレーク:100g
牛乳:400cc
ハム:80g
バター:15g
塩・胡椒:適量
パン粉・ヴェルミッセル:7:3合わせ

作り方
1. 牛乳を沸かし、ポテトフレークを少量づつ加え合わせます。
2. 1にみじん切りしたハムとバターを加え、塩・胡椒で調味します。
3. 細かく折ったヴェルミッセルとパン粉を合わせます。
4. 2に薄力粉と溶き卵を付け、3の衣を丁寧に付けて200℃の油で揚げます。

横浜ロイヤルパークホテル 取締役 調理部長 総料理長 髙橋明さん

おいしそうな世界のポテト料理、
まだまだありますよ。

More Potato Dishes