WORLD POTATO DISHES

韓国 カムジャジョリム

おいしそうですね。

おいしそうですね。

韓国ではどこの家庭でもお馴染みの日常のおかずです。見た目は日本の煮物のようですが、食べてみると全然違った味わいです。こうした常備菜を韓国ではミッパンチャンと呼びます。韓国料理店で食事をすると小皿で様々なおかずが出されますが、それがミッパンチャンです。そのほとんどは作り置きができるので、多めに作って冷蔵庫で保存し、食事のたびに少しずつ出していただくのが韓国流です。作るのも簡単で10分ほどでできてしまうので、忙しいお母さんの強い見方。このカムジャジョリムは肉じゃが同様に、作りたてももちろん美味しいのですが、翌日にはポテトに味が染みてさらに美味しくなります。スーパーのお惣菜コーナーにも並ぶ人気の一品。ぜひあなたのご家庭の定番おかずに加えてください。

ひとくちメモ
ポテト料理は、韓国では日本に負けず劣らず種類豊富です。ミッパンチャンでは、このほかにも細切りのポテトを炒めてカレー風味に味付けしたカムジャポックムがポピュラーです。ちなみに、韓国のポテトの名産地はドラマ「冬のソナタ」のロケ地として有名になった北部のカンウォンドーです。

レシピ

材料/約4人分
ポテト:中4~5個
かえりいりこ(煮干しでも可):15匹程度
サラダ油:適量

(ヤンニョム/合わせ調味料)
 醤油:大さじ2
 砂糖:大さじ2
 酒:小さじ2
 みりん:小さじ1
 コチュカル(韓国産粉唐辛子):小さじ1
 昆布だし:150cc
 にんにく(みじん切り):小さじ1弱

作り方
1. ポテトは皮をむいて大きめの乱切りにして5分ほど水にさらします。
2. ポテトの水を切り、鍋にサラダ油を敷いてポテトの表面が透き通るまで炒めます。
3. 調味料を加えて落し蓋をのせ、さらに鍋にフタをして中火で煮込みます。
4. 煮汁が半分ほどになったらかえりいりこを加え、フタはせずに汁気が9割がた飛ぶまで中火で煮詰めればできあがりです。

※今回は苦みの出にくいかえりいりこを使用していますが、一般的な煮干しを使用する場合は頭と腹を取り除いて使いましょう。
※この料理には香りがよく辛さもマイルドな韓国産の粉唐辛子がおすすめです。韓国食材店で入手できます。

結城奈佳さん
韓国料理に惚れ込み、現地で料理留学の経験を持ち、現在は「我が家の韓国料理教室」を主宰。東京・早稲田にクッキングスタジオを持ち、福岡でも出張教室を開催。

おいしそうな世界のポテト料理、
まだまだありますよ。

More Potato Dishes