WORLD POTATO DISHES

スペイン ガリシア風たこじゃが

めずらしいですね。

めずらしいですね。

リアス式海岸で魚貝が美味しい、スペイン北部ガリシア地方の郷土料理。地元ではタコだけで作られることも多く、「Pulpo a feira(祭りだこ)」というユニークな料理名で愛されてます。
地元を出ると「タコのガリシア風」「ガリシア風タコ」と呼び名も変わり、茹でたポテトと一緒に調理されます。ポテトはメークイーンを使用するのが断然オススメ。もっちりしっとりした独特の食感が、ほのかな辛味と芳醇な旨みと相性抜群です。

ひとくちメモ
今回は手軽に作れるよう、市販の茹でタコを使用しました。生のタコから作る場合は、一度冷凍してから茹でると繊維が壊れてとっても柔らかに仕上がります。また、スペインでは玉ねぎと一緒にゆでると柔らかくなるとも言われています。

レシピ

材料/2人分
ポテト:2個
茹でタコ:100g(ぶつ切り)

(A)
オリーブオイル:大さじ1
塩:小さじ1/2
パプリカパウダー:小さじ1/4
チリペッパー:少々

パセリ:適宜

作り方
1. ポテトは皮つきのまま竹串がスッと入る程度まで茹で、皮をむいてひと口大にカットします。
2. ボウルにAを混ぜ、1とタコを加えて混ぜます。
3. 器に盛り、彩りに刻んだパセリを散らします。

加瀬まなみ
スペイン料理研究家。オールアバウト『スペイングルメ』ガイド、ぐるなび目利きシリーズ『ippin』など執筆活動も行う。著書『フライパンひとつで作る絶品パエリア』(辰巳出版)、『新・5分でできた!人気のおかず』(角川SSコミュニケーションズ)ほか。

おいしそうな世界のポテト料理、
まだまだありますよ。

More Potato Dishes